アバナ(avana)ならHouyudouが最安値

朋友堂(houyudou)はアバナ(avana)の最安値に挑戦中

アバナ(avana)を購入する

アバナフィル購入手続き

アバナ(avana)について

 アバナはインドの製薬会社であるサンライズレメディ社が販売を行っているジェネリック薬品で、バイアグラやレビトラに次ぐ新しい勃起不全(ED)治療薬として販売されています。 アバナは今までに販売された勃起不全治療薬のメリットだけを形にしたものがアバナだと言われて世界中の男性の新たな注目の的となった治療薬です。 アバナも他の治療薬同様に勃起を阻止する酵素であるPDE5を阻害する事で海綿体へ十分な血液を送り込むことが出来るため、EDで悩んでいた男性にとっても嬉しい勃起が実現できます。 性的な興奮や精力を増強させるための薬ではなく、中折れをしてしまう方や、勃起力が以前に比べると劣ると感じるようになった男性に効果的です。 では、なぜメリットだけを集めた待望の治療薬と言われているのかと言いますと、従来の治療薬であるバイアグラやレビトラといった治療薬では服用に際して食事制限やアルコールおよび脂肪分の摂取に関する制限が多少なりとも有ったため、面倒、煩わしい、といったストレスを感じる方も少なくありませんでした。 また、即効性についても、アバナでは早い方であれば15分程度でその薬効を感じる事が出来ると言われています。 そういった面からアバナへの注目度も高まっています。

 食事に影響されにくい勃起不全治療薬だと言われていますが、薬剤の成分が反応しないよう、念のために水で服用する事をお勧めいたします。 1日に1錠ですので継続して服用を希望する際には最低でも24時間以上開けてから服用してください。 より薬効成分が体内に吸収しやすい様、出来るだけ空腹時に服用することをおすすめ致します。 食事制限は特にありませんが、薬効をより早く得るために、暴飲暴食は避け、脂肪分の多い食事は避けた方が良いでしょう。 他の治療薬では性行為の1時間前には服用を薦めている事が多いのに対して、アバナは性行為の30分前に服用します。 この30分はいざ性行為へ、となってから服用しても十分可能ですので、もしかしたらという期待を込めて予め服用してみたが結局性行為は行わなかったと勇み足を踏む事もありません。

多くの勃起不全治療薬がそうであるように、アバナもニトログリセリン系の硝酸剤を服用されている方は服用できません。 このほかにも以下に該当する方は服用できません。
 ・脳梗塞や心不全、不整脈を起こして日が浅い方(特に6か月以内の方は服用できません。)
 ・抗真菌薬、HIV治療薬を服用されている方
 ・クラリスロマイシンなどの抗生剤を服用されている方
 ・低血圧、高血圧の方
などとなっています。 この他にも重い肝臓疾患や血液系(血液が止まりにくいなど)の疾患を抱えている方や他の勃起不全治療薬を服用されている方は十分な注意が必要ですので、出来れば医師に相談のうえで服用してください。

 他の勃起不全治療薬と同様にめまいや紅潮、動悸、頭痛、鼻づまりといったものが挙げられています。 このほかにも糖尿病や高血圧、喫煙習慣のある方や高脂血症を患っている方、及び近い状態の方が服用する事で副作用を発症する事もあると報告されています。 アバナを服用してからおかしいなと感じたらすぐに服用を中止して医師の診断を受ける事をお勧め致します。