フルニル(flunil)ならHouyudouが最安値

朋友堂(houyudou)はフルニル(flunil)の最安値に挑戦中

フルニル(flunil)を購入する

フルニル購入手続き

フルニル(flunil)について

Intas Pharmaceuticals Ltdから発売されているフルニル(Flunil)はメンタルケア治療薬で、抗うつ剤の一種になります。メンタルケアに用いられるフルニルが処方されるケースとは、うつ病・パニック障害・不安障害やうつ病からくる睡眠障害・神経性拒食症や強迫性障害などのメンタル疾患です。 これらのメンタル的な疾患を患う方は近年急増しており、ストレス社会がもたらす社会問題となっています。

うつ病やパニック障害などのメンタル疾患のために開発された抗うつ剤は数多くありますが、個人によってお薬が合う・合わないがあると言われています。 抗うつ剤が体に合わなかったとなると他のお薬を試すことになります。 他の抗うつ剤がどうも体に合わず副作用が酷かったというような場合には、フルニルを試してみるといいでしょう。

フルニルはSSRIという「第三世代抗うつ剤」に分類されます。 SSRIというのは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、近年うつ病などの治療において有効だと注目されているお薬です。 SSRIであるフルニルは、抗うつ剤として世界的に使用されており有名でもある「プロザック」という治療薬の後発薬・ジェネリック医薬品にあたります。

ジェネリック医薬品ということでプロザックよりもコストパフォーマンスを抑えられるというメリットもありますので、副作用についても少なくなるよう作られていますので、プロザックの効き目が良かったけれども副作用に悩まされたという方にフルニルはオススメですし、抗うつ薬の治療薬代を抑えたいという方にもオススメです。

さらにフルニルは効果が表れるまでの時間が従来の抗うつ薬よるも短縮されたという特徴があります。 緊張をすぐにでも和らげたい・不安感を和らげたいという時に飲むといいでしょう。 またフルニルの特徴として、比較的症状が軽めの場合に用いられるというものがあります。 抗うつ薬の依存性で悩むケースもあるようですが、依存しにくいというのもフルニルの特徴の一つだと言えます。

フルニルの用法用量というのは症状の重さや個人の体質によって異なります。 例えばうつ病治療のためにフルニルを服用する場合には、1日1回20~80mgの範囲で服用することが基本となります。 用法用量や併用禁忌薬などの要注意ポイントがありますので、事前に医師にフルニルの服用を相談しましょう。 また妊婦さんや授乳中のママ、アレルギー体質の方や持病の関係で服用できないケースもありますので、フルニルの服用について医師に必ず相談しましょう。