ジネット35(ginette35)ならHouyudouが最安値

朋友堂(houyudou)はジネット(ginette35)の最安値に挑戦中

ジネット35(ginette35)を購入する

ジネット35購入手続き

ジネット35(ginette35)について

皆さんはジネット35(Ginette-35)というジェネリック医薬品をご存じですか?シプラ社(Cipla Limited)から発売されている避妊薬で、ダイアン35という避妊薬のジェネリック医薬品にあたります。

避妊薬であるピルの一種で、ジネット35の最大の特徴は「アジア人女性向けに作られた治療薬である」という点でしょう。 基本的に海外で作られた治療薬というのは、海外の女性の標準体重・身長・体質などを基に作られていますので、日本人女性にとっては成分量が多すぎたり副作用が強すぎるなど、治療薬自体が合わないことがあるのです。

ダイアン35やジネット35などの避妊治療薬・ピルはアジア人女性のデータを基に作られていますので、成分量や副作用の強さなどもある程度安心して服用できるのです。 ジネット35の服用方法はダイアン35と同様でとてもシンプルで簡単です。 生理がスタートした日に服用しはじめ、1日1錠を21日間服用します。 7日間のお休み期間を経てまた21日間服用するというサイクルでになります。 7日間のお休み期間に生理が来ますが7日間内で生理が終わらなかったとしても、またジネット35を服用し始めるようにするのです。

1錠服用した後は24時間空けることが大事なので、毎日同じ時間に服用することが大切になります。 毎日忘れずに継続して飲み続けられる時間帯を選ぶこともポイントとなります。

ジネット35はほかのピルよりも男性ホルモン抑制作用が大きいので避妊効果が高いと言われていますが、血栓症のリスクもそれだけ高くなると言われていますので、自身の体調や持病や飲んでいる治療薬との関係を要注意しなければなりません。

持病を抱えている方や治療薬を飲んでいる方、血栓症経験者や高血圧だという方は必ず事前に医師にジネット35の服用を相談しましょう。

ジネット35は、服用することで脂漏症や軽度の多毛症や男性型脱毛症が軽減・改善する効果が期待できると言われています。 男性ホルモンの分泌量や活動が大きく影響している症状なので、男性ホルモン抑制力が強いジネット35が効果を発揮するのです。 どんなニキビ治療薬でも効果が出なかったけれどもジネット35を避妊目的で服用し始めてからはニキビが軽減した、という体験談もあります。

さらに女性特有の更年期障害の軽減やバストアップ効果、アンチエイジング効果なども期待できると言われていますので、避妊だけでなくその他の効果に関しても注目してみましょう。